トマムIC-十勝清水IC開通


10月21日に開通しました、道東自動車道のトマムIC-十勝清水IC。

12月1日には高速バスもこの区間を走行します。

今までは"魔の峠"と言われる日勝峠を走行せざるを得ませんでした。
冬は事故も多く、車が止まれない場合の緊急避難(というか自爆用)帯がある程でした。
夏も、霧が発生し、油断すると危険です。

今回開通した区間は、標高が日勝峠よりも約400mも低い約600mで、日勝峠を回避する安全なルートとして大いに期待されていました。

高速バスのルートは、札幌からですと国道274号を占冠(しむかっぷ)村に入ってから、少し走ると今春新設された交差点から道道610号、道道136号を占冠村の市街地、トマムリゾートを経て、トマムICから道東道に乗って十勝清水ICへ、というルートになります。

今までのルートと比べると実際には、20分近くの時間短縮になるようです。

まあ、それ以上にドライバーの精神面の疲労度が減少されるのではないでしょうか。

応援よろしくです  鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック