留萌本線駅訪問記6

「明日萌駅」の看板少し先へ行き、左側には神社、
右側に古めかしい木造建築物が見えています。

近づいてみると大小いくつかの建物がある。
ここが恵比島駅なのであるが、
平成11年にNHK連続テレビ小説「すずらん」
の舞台となり、架空の「明日萌」駅前となっている。

設定では昭和初期ということで、
築50年以上するような建物があるというわけである。

向かって右側にある倉庫のような建物が本来の駅舎である。
左側の「驛萌日明」の看板の建物に入ってみると、
まるでタイムスリップしたような.....
というのは大袈裟でありますが(^▽^;)>゛

ただ、時刻表といい、運賃表といい
ドラマのセットという事で、
本物と見間違える位精巧であります。

駅員室と改札口にあたる所に蝋人形が置いてあるのは、
ある意味リアルであるが、
見る人によっては不気味に感じるでありましょう。

応援よろしくです  鉄道コム にほんブログ村 鉄道ブログ 北海道の鉄道へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック